警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

警備員の時給はどれくらい?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/10

警備員の求人情報をこれから探すのであれば、まずは時給が高いものから探してみると良いでしょう。基本的に、警備員の時給はそれなりに高めに設定されているので、真剣に働けば割と稼ぐことができます。

そのためにも、いくつかの情報をピックアップして比較してみると良いでしょう。

 

まずはどこに情報があるのかを確認する

これから警備員として働きたいと感じているのであれば、求人情報がどこにあるのかをまずは確認するのが鉄則だといえます。基本的にその他のアルバイトに比べると、時給が高めに設定されているので、割と働きがいのある仕事といえるはずです。

求人情報のある場所に関しては、幸いにも今の時代なら山ほどあるので、真剣に探せば見つけることができるでしょう。インターネット上から探すのがかなり簡単な方法となります。これなら、全国規模でいろいろなところから出ている求人情報をピックアップすることができるため、特に問題はないはずです。

ただ、マンツーマンで相談に乗ってもらいながら仕事を探したいと感じている人は、ハローワークに足を運んだほうが良いでしょう。利用できるタイミングとしては夕方あたりまでで、しかも平日のみとなっていますが、それでも利用する価値は大いにあるといえます。

そこに加えて、アルバイト求人情報専門雑誌などを利用するのも妥当です。その類の情報専門雑誌に関しては、書店だけではなくコンビニエンスストアなどでも手に入るのでチェックしてみると良いでしょう。

 

1つの情報だけで満足をしないようにする

それから警備員の求人情報は確かにいろいろなところで見つけることが可能ですが、極力条件の良いところで働くためにも、いくつかの情報をピックアップしてから比較したほうが利口です。1つの情報だけで満足せず、たくさんの情報をピックアップするよう心がけておきましょう。見比べることで、どこの条件が良いのかが、だんだんと見えてくるようになります。

時給の高さはもちろんですが、そこに加えて福利厚生の充実具合等にも、目を向けておくべきです。余計な心配をせずに、仕事に集中して働き続けられるよう、いろいろな条件に着目しつつ、職場を探すようにしましょう。それから面接に向かう決意をしても、遅くないはずです。

 

夜間のほうが時給アップする傾向にある

ちなみに、警備員は昼間だけではなく、夜間も働くことができます。夜の常駐警備、それから道路交通誘導警備等に関しては、それなりの時給になるので、覚えておきたいところです。

夜中の22時以降になると、法律上時給がアップするということも、頭の中に入れておきましょう。田舎地区の警備員の時給は900円位の時もありますが、都内の忙しい道路交通誘導等に関しては1200円程度のところもあります。

場合によっては1500円近くの時給が支払われるところもあるので、非常にやりがいがある選択肢です。最初はアルバイトといった立場でも、長く真面目に続けることで、しかるべき資格を取得させてくれたり、正社員になるチャンスが出てきたりします。そうなれば、さらにやりがいを感じられるようになるでしょう。

 

基本的に警備員の時給は900円程度から1500円あたりとなっています。場所によって条件が異なるため、求人情報をピックアップした段階で、いろいろな職場同士を比較し、極力条件の良いところからチャレンジしましょう。

職場によっては、長く続けることによって、アルバイトから正社員に昇格できるケースもあります。まずはインターネットやハローワーク、紙媒体メディアなどを通して、求人情報をうまく検索しておきたいところです。

深夜手当もあるので、夜中に働ける現場を探してみるのも良いでしょう。

 

おすすめ関連記事