警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

求人応募の前にチェック!警備員のシフト勤務のイメージ

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/22


警備員の求人にはさまざまなタイプがあり、応募する前に給与水準やシフトについて確認する必要があります。工事現場の多くが日勤であり、毎日定時に勤務を開始するケースが一般的です。しかしオフィスビルや商業施設の場合は、日勤と夜勤の交代制が大半です。また高収入を希望している人は、夜勤専門の仕事を選ぶこともできます。

働きやすい工事現場の警備員の求人

初めて警備員として働く人の多くが、工事現場を配属先として希望しています。工事現場の仕事は比較的多いことに加えて、日勤のシフトも自由に選べるからです。現場によっては1時間程度の残業もありますが、働き方改革によりゆとりを持って働ける職場も増えています。

工事現場での仕事の多くが片側通行などによる交通誘導であり、数名程度で無線を使って連携しながら業務を行うのが一般的です。昼休みなどの時間も確保されており、経験が浅い人でも快適な環境で働けます。とくに大きな工事現場の場合には、長期間同じ場所で働き続けることが多いです。

したがって交通誘導や安全管理に関する知識も身に着けることが可能であり、警備スタッフとしてのスキルアップにも役立ちます。そして現場の責任者から指示を仰ぐことが、適切な業務の遂行にもつながります。作業スタッフとのコミュニケーションを重視することが、作業現場で安全に仕事をするためのポイントです。

建物内で警備をする場合の基礎知識

天候に関わらず快適な環境で働けるのが、ビルや商業施設内の警備員の仕事の魅力です。求人に応募するときに日勤を希望することもできますが、交代制のシフトにも入れることを伝えたほうが採用の可能性が高まります。深夜のシフトの後は充分な休日が用意されているので、勤務時間が大きく変わっても快適に仕事をすることが可能です。

また真夜中に働く場合には、途中で仮眠をとって疲労を回復できます。一方で昼間のシフトに入った場合には、建物内部の警備に加えて各種案内や問い合わせにも対応する必要があります。そして日中は警備スタッフの人数が多いために、責任者の指示に従って連携しながら業務を行う必要があります。

とくに商業施設内では、万引きの防止のために死角になっている場所を念入りにチェックすることが重要です。さらに建物内の駐車場の部署で働くときには、歩行者にも気を配りながら車両を誘導するなどの細かい気配りが求められます。

高収入が得られる24時間勤務の仕事

効率よく高収入が得られるために、24時間勤務の警備員の求人も人気があります。地域によって給与水準は異なりますが、1回の勤務の日給は20,000円以上になることが多いです。給与の日払いに対応した警備会社も多く、求人サイトなどで事前に確認することもできます。

24時間勤務はハードであるイメージもありますが、実際には充分な仮眠と休憩の時間が確保されているので比較的働きやすいでしょう。とくに深夜は定時の巡回や緊急時の対応だけなので、それ以外の勤務時間内は比較的ゆったりと過ごせます。そのため建物内の24時間勤務の仕事は、60歳以上のシニア層にも人気があります。

警備会社はシニア層も積極的に採用しており、定年退職後の再就職先としても適しています。最近では監視カメラなどの設備の性能も高まっており、オフィスビル内の警備の仕事もイメージよりも快適です。女性の比率も年を追うごとに増えており、警備スタッフ専用の仮眠用のスペースの質も高まっています。

 

警備員の求人にはさまざまなシフトがあり、応募する前に情報を丹念に調べる必要があります。工事現場の仕事は日勤の場合が多いですが、オフィスビルなどの施設内警備は交代制であって定期的に深夜のシフトに入るのが一般的です。給与面や勤務時間などを考慮し、自分に合った警備会社を選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
警備員の求人サイトランキング!
ケイサーチ!の画像
タウンワークの画像
第3位 バイトル
バイトルの画像
記事一覧