警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

住み込みで働ける警備員のメリットとは

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/29

警備員の求人の数は非常に多く、自分に適したものを見つけるために確認すべき項目がたくさんあります。そしてその中には、会社が用意した寮や住宅に住み込みできる制度が付いているものも少なくありません。では住み込みができる警備員の求人には、具体的にどのようなメリットがあるのかを確認してみましょう。

始めるまでの手間を省きやすい

警備員の求人は全国的に広く募集されていて、遠く離れたところでも条件さえ満たしていれば働くことができます。しかし通うのが難しい距離だと、新しい住居を探すところから始めなければなりません。住居の条件を探して下見をし、いくつもの手続きを済ませるなどの手間が一気に増えます。

そういった問題を、住み込みの求人だとほとんど解消することができます。求人を探すときにしても、住居を別に用意する場合は不動産屋の情報も確認しながら、それぞれの条件を擦りあわせる必要があります。

予算や通勤手段などの問題で、働く場所から離れたところしか借りられないと、あきらめなければならない状況にもなりえます。そのような条件も、住み込みを前提に探していくと求人だけにまとめることができます。

費用面での負担を軽くしやすい

一般的に住宅に入居する場合はまず、敷金・礼金を始めとしてまとまった費用を用意しておく必要があります。働いてお金を稼ぐことが目的なのに、まずそのお金を集めなければならないというジレンマです。

しかし住み込みの場合は敷金・礼金が必要ないことがほとんどで、さらに家賃も相場よりも安い可能性が高いです。中には光熱費や水道代がかからないという待遇のところもあります。そのうえ家具や家電も部屋に付いていることが基本なので、新しい生活のために購入する必要がありません。

すでにほとんどができあがっている生活基盤のうえで、安定した生活を始められるでしょう。また家具家電をすでに持っていたとしても、引っ越しをするのであればどうしても費用が発生します。そこもあらかじめ引っ越し先に用意してあるので移動させる必要がなくなり、最小限にまとめやすいです。

そのようなメリットを活かすと金銭面で大きな余裕ができて、生活の質も高められるはずです。また比較的賃金が高い夜間に集中して働き、何らかの目的のためにお金を貯めるといった方法も実現しやすいでしょう。

近隣トラブルになるリスクを下げられる

警備員の住み込み求人で用意されている住宅は、同じように警備員として働く人が集まっている可能性が高いです。数ある仕事の中でも警備員は24時間必要とされる場合が多く、夜間に働くことで生活の基準が夜中心になりやすいです。

そのため昼間に活動している人が多い一般的な住宅だと、主に生活音がきっかけで近隣トラブルにも発展しかねません。近くの部屋に住んでいる人が音に敏感な場合、眠っている間でもドアの開閉や足音など、抑えにくい生活音で目が覚めてしまうほどのリスクがあります。

だからといって毎日周囲に気を使って静かな生活を心掛けていると、ストレスが溜まってしまうはずです。その点警備員が集まっている住宅だと、夜中心の生活をしている人も多く、お互いに理解ができます。それぞれの苦労を直接的ではないにしても分かちあうことで、トラブルになるリスクも下げられるでしょう。

 

警備員の住み込みは、働き始める前と後のどちらにもいろいろなメリットがあります。そして全体的に見ても住み込みができる求人の数は決して少なくないので、条件に加えても十分見つけられる可能性はあります。

一口で住み込みと言ってもその形は多種多様なので、無理なく続けられる生活の基準を作れることが大切です。その点を踏まえたうえで、特に今すぐに警備員の仕事を始めたいと考えている人は、積極的に加えてみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
警備員の求人サイトランキング!
ケイサーチ!の画像
タウンワークの画像
第3位 バイトル
バイトルの画像
記事一覧