警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

深夜勤務の警備員の求人の特徴を知ろう

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/15


深夜勤務の警備員は様々な業務をこなします。ただし重い物を運んだり接客をすることはあまりないので、力仕事や接客が苦手な人には最適な仕事です。夜間に働く場合は体が慣れるまで疲れるかもしれませんが、一旦慣れてしまえば楽に業務をこなすことができます。日勤よりも給料が良くなるので効率的に稼ぎたい人におすすめです。

深夜勤務の主な仕事内容について

深夜勤務の警備員の特徴としては、様々な業務内容をこなす必要があります。ただし施設で警備を行う場合、深夜勤務でも体力的にそれほど疲れるわけではありません。楽に稼げると評判になっており、深夜の施設警備の求人は人気です。

交通整理などを行うのであれば、夜勤よりも昼間の方が体への負担が少なくて済みます。高齢の人が警備員として働くのならば日勤の方が良いでしょう。

夜間における施設警備員の業務には様々なものがあります。まずビルの入館者受付を行います。ビルには工事や清掃、搬入など様々な業者が訪れます。訪問者に入館証を渡したり、落とし物の管理などを行う必要があります。

ビル館内の巡回も重要な業務です。建物の構造を理解するまでは大変ですが、一旦覚えてしまえば楽にこなせます。工事や清掃の業者が出入りする際には館内の鍵の開閉を行います。ビルの自動ドア前やエレベーター周辺などで立哨するのも、夜間警備員の大切な業務です。

夜間に警備員として働くメリットとは

深夜勤務は日勤と比較して給料が高いというメリットがあります。重い物を運んだり接客を行う必要は基本的にありません。力仕事や接客が苦手な人には最適な職業です。

一方で深夜勤務の警備員にはデメリットも存在します。自分に合っているかどうかを十分検討した上で求人に応募することが大切です。夜勤の仕事は慣れるまで体力的に厳しい場合があります。慣れてしまえばそれほど困難ではありませんが、朝帰りになるので昼夜逆転します。現場で働く人員が決まっており、急な休みに対応するのが難しいというデメリットもあります。

夜に強い人であれば、力仕事などはあまりないのでおすすめです。駐車場や道路の交通誘導の仕事は外で行われます。夏は暑いので夜勤の方が体力的に楽です。警備員の業務は簡単で体力的に大きな負担とはなりませんが、何もせずにいる時間が苦になる場合があります。ひたすらビル入館者の受付や立哨などをしていても苦にならない人に適しています。

深夜勤務で働く場合の給料について

警備員は正社員やアルバイトなど勤務形態によって給料が変わります。

正社員の場合は月給制、もしくは年俸制がほとんどです。年収は300万円前後が一般的とされています。一般的な会社では年功序列で昇給するケースが多く見られますが、警備員の場合は年齢に関わらず大きな差はありません。若い人でも高収入を得ることができ、高齢者になっても年収はあまり下がらないという特徴があります。

勤める会社の規模によって収入に差が出る場合もあります。インターネットの情報サイトなどを利用して、複数の会社の求人を比較して検討すると良いでしょう。

アルバイトの場合は時給か日給の場合がほとんどです。特に日給のケースが多く見られます。働く時間数や日数が増えるほど給料も増えるため、目的に合った働き方ができます。資格を持っていると手当が支給されることがあります。また資格保持者のみがこなせる業務もあり優遇されます。収入の増加を目指すのならば資格を取得することをおすすめします。

 

深夜勤務の警備員はそれほど体力的に疲れるものではありません。給料も良く楽に稼ぐことができるため人気があります。ただしこの仕事は人によって向き不向きがあるので、求人に応募する際には自分に合っているかどうか十分検討することが大切です。資格を取得すればさらに収入を増やすことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
警備員の求人サイトランキング!
ケイサーチ!の画像
タウンワークの画像
第3位 バイトル
バイトルの画像
記事一覧