警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

警備員の求人で歓迎される能力・スキルとは?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

警備員は同じ場所に長時間いることが多く、エリア内を歩き回るケースが多いです。長時間立ち続けることが多い仕事ですが、一週間ほど勤務すれば次第に慣れてきます。

求人は体力のある人が求められる傾向にありますが、協調性があることも大切です。他のスタッフと連携して仕事を進めることが多いので協調性が求められるでしょう。

初動対応の早さや観察力の高さが求めらる

警備員には初動対応の早さや観察力の高さなどが求められます。頼りになる存在として業務をこなすことになりますが、すべてのことを一人で解決することができるものではありません。

例えば怪我をしている人がいても治療することはできず、バッグを盗られたという人がいても犯人を捜したりバッグを取り返すことは難しいです。自分一人では解決できないようなトラブルに出くわすことが多く、他との連携が大切になります。何かしら問題が生じた場合、迅速な初動対応を行い仲間のスタッフに連絡したり、応援を求めることが重要です。

施設側の担当者に連絡したり、事件や事故がある場合は警察や救急に連絡する事もあります。火災の場合は消防に連絡し、一刻も早い処置が必要になるでしょう。消防車が来るまでの初期消火など、安全にできる範囲において業務を遂行することになります。

このような初動対応を速くするため、問題にいち早く気付くことが重要です。周りに助けを求めているような人がいないか観察したり、何か異変がないか観察する必要があります。

機械操作に慣れていることが必要

警備員は機械操作に慣れていることが必要です。機械や情報端末が一般に普及した現在、警備会社はスタッフの連絡先を聞くことが多く、スマートフォンなどを持っていない人は活動の場が減ります。

生活するのに不可欠なスマートフォンなどを所持していないと、存在を知らせていない人として新しい物に適応できなかったり、緊急時に対応できない人と思われるかもしれません。

例えば防災センターで勤務する場合、機械操作の業務が多く、防犯カメラの検索や録画を行ったり、トラブルが起こった際の警察へのデータの提供を行うことがあります。警備日誌や事故報告書などを手書きで行っている会社は減っており、面接時はパソコンや機械操作などに関するスキルを確認されることが多いです。警備員としてコミュニケーション能力を求められますが、特別おしゃべりである必要はありません。

しかし、肝心な時に相手に質問したり聞きだしたりすることができれば、トラブルが起こった時、事実確認を簡単にするための手助けになってくれます。警備会社での面接において、コミュニケーション能力があることをアピールする事は有益です。

法律やルールをきちんと守ることが大切

警備員は初対面の人と接するのが多い仕事で、知らない人から道を尋ねられたりすることが多いでしょう。相手が知らないことに関して説明するのは大変で、出来るだけ単純に説明したり簡単な地図を書いてあげると便利です。

何かしらのトラブルの相談を受けることが多く、知らない相手がきちんと理解できるよう説明しなければなりません。コミュニケーション能力は必要不可欠な能力で、人と接することが苦にはならないことを大切です。

業務の1つに出入管理があり、人や車両の出入りなどを管理することがあります。人の場合顔と名前が一致するのが基本で、部外者かどうか瞬時に見極めなければいけません。顔と名前を一致させるには、普段からコミュニケーションを取ることが重要になります。法律やルールを守ることが求められます。

警察官とは少し異なりますが、法律を破ったりルールをきちんと守らないと軽蔑されることが多いです。例えば交通誘導をする場合、道路を渡る際に横断歩道を渡ることになります。法律やルールを守り、マナーが良い人でないと警備員の仕事を続けることは難しいものです。

 

警備員の求人で歓迎される能力やスキルとして、体力はもちろん初動対応の早さや観察力の高さなどが求められます。機械操作に慣れていることが必要で、法律やルールをきちんと守る人が必要です。他のスタッフと連携しながら仕事を進めるので協調性が求められます。

おすすめ関連記事