警備員のお仕事・アルバイト募集をお探しの方におすすめの求人サイトを口コミや評判を含むランキング形式でご紹介!

夏場の警備仕事は過酷なの?暑さ対策方法とは

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/25

警備員は、デパートや会社のビル、学校やイベント、駐車場の駐車案内などのさまざまな場所で見かけられます。警備員がいないと、パニックに陥ったり動きかたが分からなくなったり、迷子になるなど様々なトラブルが予想されます。その為、警備員はとても重要で責任のある仕事なのです。炎天下の中でも仕事をする場合もあり、熱中症が心配されます。

炎天下の中でも仕事をするときには暑さ対策を

高温多湿になる、この日本の地域の特質では特に熱中症には気をつける必要があります。内外で仕事をする場所を選ばない警備員は暑さ対策が重要になります。

特に、長時間炎天下の中にいる場合は高い危険性をはらんでいます。一番暑いと感じる時間帯である、10時から14時の間が一番危険性が高くなると考えられます。この時間帯以外は、比較的熱中症に陥る人が少ないのですが、油断は禁物です。

熱中症にならないような対応が必要になりますが、暑さ対策にはどのような対応があるのでしょうか。まず、体の70%は水でできているので脱水症状に陥らないように、水分補給するための飲み物は必ず持っていなければなりません。暑さ対策には、重要です。

水分補給の飲み物ですが、汗は水分とともにミネラルなども排出してしまうので、この点に注意する必要があります。ただの水では体に必要なミネラルを補給することができませんので、スポーツドリンクが最適でしょう。

日光によって暑くなるので、体内の熱を放出する着衣も必要です。それとともに、汗で常に湿った状態ですとあせもなどが起きやすくなりますので、速乾性のある着衣がよいと考えられます。素材としては綿などの自然素材のものが、肌触りがよくサラッとしていて伸びがよいです。

もし、炎天下の中で体調の変化を感じたら

しかし、炎天下の中ですので暑さ対策をとっても体調の変化を感じることがあります。ふらつき、めまい、呼吸の変化などの症状を感じたら、危険です。そういった症状を感じたら、熱中症のおそれがありますので涼しいところで休む必要があります。そして、首や足などを冷やして寝かせて様子を見ます。

毎年、熱中症によって命を落とす方がいますので、注意する必要があります。特に、高齢者は喉の乾きを感じにくい傾向にありますので、高齢者の方は喉が乾いてないと感じていても水分補給するようにしましょう。もし、症状の改善が見られない場合には救急車を呼んで、専門の人からアドバイスをもらうようにしましょう。

涼しいと感じる季節でも注意しましょう

暑さ対策に必死になる夏の時期を過ぎると、穏やかな涼しいと感じる秋の時期になります。暑さ対策の点も段々と落ち着いてきますが、知らないうちに熱中症などに陥ったりする危険性がありますので注意する必要があります。

水分補給は欠かせませんので、油断しないようにしましょう。また、今では熱中症に対応した暑さ対策、熱中症予防グッズが販売されるようになりましたので、利用することもよいでしょう。

 

炎天下の中で、仕事する警備員は夏の時期はとても大変かとおもわれます。しかし、きちんとした熱中症対策、暑さ対策をとれば熱中症になることはまずないといえるでしょう。

毎年、熱中症により命を落とす方がいますので、無理のない範囲で仕事をする必要があります。事前に熱中症対策、暑さ対策を講じて、自分の命を守るようにしましょう。また、ふらつき、めまいなどの体調の変化を感じたら、意識消失し倒れるといった危険性もあるので相談して休むようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
警備員の求人サイトランキング!
ケイサーチ!の画像
タウンワークの画像
第3位 バイトル
バイトルの画像